忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
現代魔法(nearly equal 情報技術)を勉強中な人のメモ(チラシの裏)
/ 2017/07/25 (Tue) / 編集
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

/ 2008/05/18 (Sun) / 編集
凶華様の声がナギお嬢様みたいに聞こえるのはなぜだろう、、、

さて、ヒープが実装できない訳だが、、、
まぁ無理に構造体を使う必要もないかな?でもやっとくとあとが大部落だったりするんだけどな、、、

しかたないのでとばしてfindを実装しようとしたらもっと前の章を読まないとダメだったらしく、しかたないのでUnion-Find木やら間接点を見つけ出すプログラムやらをつくってみた、だがやっぱヒープを実装しなければ次にはすすめないらしい、、、
個人的にはヒープを実装しなくてもプライオリティ順にバブルソートでもしてやればいいと思うんだが先生が「順序付きキュー(ヒープ)を使えば簡単にできる」と力説していたのでなんとなく使わなきゃいけないような気がしている。

struct heap{
int data;
int priority;
}
みたいのをつかってヒープを実装する方法知ってる人いたら教えてくれ、、、まぁもしかしたらそれ以前のところでつまづいているのかもしれんがねw


そういや卒論のテーマまだ考えてねぇ、、、
「興味がある」って意味では「現代魔法は実現できるのか?」とか「ラノベの探偵の脳内は再現できるのか?(カオスが逆流してどうたらいってるやつ)」とか気になるがそんなこと言ったら小一時間説教される気がするのでやめておこうと思いますw 見通しもつかないしね(笑)


個人的には現代魔法はアリかもしれないと思っていたり
コンピュータも電化製品である以上ある程度は電磁波とか振動とか音とか熱とか物理的なものが出てる訳で、それがなんかの超理論でアレな感じになれば外界に影響を与えることもできたりするんじゃないだろうかとか妄想してみたり(笑)


もう脳内がだめな感じだ、、、寝よう、、、、、、、、

拍手[0回]

PR
忍者ブログ [PR]