忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
現代魔法(nearly equal 情報技術)を勉強中な人のメモ(チラシの裏)
/ 2017/10/21 (Sat) / 編集
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

/ 2008/05/14 (Wed) / 編集
以前からず〜〜っと疑問に思っていたこと、「なぜみんなAppleスクリプトからiTunesとかいじれるんだよ!」がやっと解決したのでメモっとく

AppleScriptで以下のようなコードを書くとアプリケーション(この場合はFinder)で使えるものがわかるらしい。 (注意:「システム環境設定」の「ユニバーサルアクセス」の「補助装置にアクセスできるようにする」をチェックしてないと「補助装置にアクセスできません」みたいなエラーが出ます。)
tell application "Finder"
activate -- 前面に表示
end tell

tell application "System Events"
tell process "Finder"
every UI element
end tell
end tell
実行するとこんな感じ
SerchEvents

下の結果Windowに「{menu bar 1 of application process "Finder" of application "System Events", window "CoreServices" of application process "Finder" of application "System Events", window 2 of application process "Finder" of application "System Events", window "ライブラリ" of application process "Finder" of application "System Events", window "Sample" of application process "Finder" of application "System Events", window "3-2" of application process "Finder" of application "System Events", scroll area " " of application process "Finder" of application "System Events"}」と表示されているわけですが、これはFinderをたくさん起動しているから

FinderのWindowをけしてから実行すると 「{menu bar 1 of application process "Finder" of application "System Events", scroll area " " of application process "Finder" of application "System Events"}」と表示されました、このうちの「menu bar 1 of application process "Finder" of application "System Events"」の赤字の部分の詳しい要素をしらべるには最初のソースコードを修正して
tell application "System Events"
tell process "Finder"
tell menu bar 1
every UI Elements
end tell
end tell
end tell
とすると「menu bar 1」の要素をしらべられる。

それを繰り返して最終的に
tell application "System Events"
tell process "Finder"
tell menu bar 1
tell menu bar item "ファイル"
tell menu "ファイル"
pick menu item "新規 Finder ウインドウ"
end tell
end tell
end tell
end tell
end tell
とすると「Finderで新規ウィンドウを開くスクリプト」が完成!


ちなみに
アプリケーションがAppleScript用の関数を持っていることがあって、その場合はスクリプトエディタのアイコン上に調べたいアプリケーションのアイコンをドロップするとそのアプリケーションをAppleScriptから操作するためのAPIが表示されるらしい。

拍手[1回]

PR
忍者ブログ [PR]