忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
現代魔法(nearly equal 情報技術)を勉強中な人のメモ(チラシの裏)
/ 2017/05/25 (Thu) / 編集
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

/ 2010/04/17 (Sat) / 編集
NTT-ATのグループディスカッション(参加者の一人によると、呼び方的にはグループワークの方が適切らしい)に参加してきた。
まぁ内容をしゃべっていいのかよくわからないのでおおざっぱな雰囲気を3点だけ、 「寒すぎワロタ」「選考?なんだっけそれ?」「なぜに二つ?」

東京の気温は七度でした、我が家で唯一のコートを持って行ったけどそれでも寒い!にもかかわらずスーツだけの人が何人も歩いているのには驚愕を隠せない!!
ディスカッション(ワーク?)は始終和やかな雰囲気で進み、試験監は気配を消していたのでグループのメンバーとあーだこーだ言ってるうちに修了。有意義な発言?自分をアピール?すっかり忘れてたw これはまずいかも知れないねww
そのなかで気になって仕方なかったのが、試験監督のリーダー的な人が両手に腕時計をしてたこと。すごく聞いてみたかったがとりあえずスルーしてきた、選考にはまったく関係ないしね。

そんなこんなでいつのまにか二時間にわたる試験も終わり、それ以外の話はwebで。


というわけでこっからは選考以外の話。
今回は全日空で行ってきたんだが、飲み物とかが有料になってた。とりあえず頼んでみたので感想でも。

プレミアムカルピスはヤクルト風味のカルピスでした、300円はまぁ乳酸菌がヤクルトばりに入ってるんだとしたら妥当な値段かもしれない。
コーヒー(通常三百円のところを現在は無料)はスタバとコラボらしい、インスタントらしく最後の方ちょっと粉残ってたけどw なんて説明しればいいのかよくわからんが(コーヒーはあんま飲まないから、、、)「すっぱい系ではない」かといって「苦いわけでもない」感じ、ちなみに鼻炎中なので香りは聞かないで。。。
みかんジュースは完全に温州みかんの味、バヤリースとかQooとかが好きな人は苦手かもしれないねあの独特の甘さは。300円だったんだけど、まぁ果汁100%ならそんなもんかもしれない。


次はホテルね、新宿区役所前カプセルホテル。
住所的には歌舞伎町だけど、位置的に飲屋街(ホスト街?)からは外れているのでキャッチに捕まる心配もなし。スーツケースと貴重品がフロントア預かりなのはまだいいとして、あのロッカーだとスーツやワイシャツが掛けれない、、、しかたなく二つ折りにしておいといたら案の定折り目がついてたw
お風呂は早朝(三時とか)は掃除中ではいれないんだけどジャグジーと水風呂と超なんとか風呂があった、なんかおされな雰囲気だったね。
個人的にはスーツがロッカーに掛けれないのは大きな失点、荷物もフロントに預けるのは嫌いなので微妙な感じだった、でもお風呂もホテルの作りもいい感じだったよ。

さて、こっからメインの趣味の話ね。まずはアキバの話。
初音ミクのスペシャルなフィギュアが入荷してたのでゲーセンで2000円ほど費やす、俺の直後にやって見事にとれたお三方の笑顔はプライスレス。 このままでは悲しいので小さいのを買いに行く。
ラジオ会館で射手座の日verの長門さんを入手、これで我が家のTFEIは三人目、あちゃくらさんがいない、、、でもって東方のガチャポンで「ぱぁちゅりぃ〜」とつぶやきながらまわしたら見事に引き当てたのが妹様、それもまたよし。


後はあれやね、暇つぶし用に買った本の紹介。まずはこの三冊。

『楽語』は”落語”とは違います、落語+講談です。はっきりいって個人的には微妙。
話を思いつく過程が書いてあったりして興味深くはあるが俺の笑いの琴線には触れなかったな、なんか下ネタ多いし、展開が微妙な感じがする。

『ハヤテのごとく!』はアーたん編、シール付きの方を入手したけどこのシールちょっと小さくね?
内容的にはシリアスな伊澄さんとかいいとこもってく西沢さんとかアーたんカワユスとか。ハヤテに惚れてる人はたくさんいるけど両思いなのはアーたんだけだったりするので、、、いや細かい内容は読んでからのお楽しみ。


そしてラノベ三冊

『シャナ』は最終決戦の真っ最中、次回から最終章らしい、もうすでに登場人物が わけわからなくなってる俺がいる。。。戦争モード入ってから次々と増えてったからなぁ、、、

『サキちゃんと天然さん』はラノベ界初の”ほんわかトークバトルコメディ”、ラノベ界初ってよく見るけどこれはたしかに始めてだと思う。というのも「ジョーカー」と呼ばれる人々が自作のお話の面白さを競うという設定なので”登場人物が考えたお話”がたくさん出てきて、、、とかなんだが、よく考えてみたら書いてるのはたった一人、そして評価してるのも同一人物というね。

『GJ部』もラノベ界初を名乗ってる、サキちゃんとちがって確実に初めてだと思う。というのも”萌え4コマ的小説”という新ジャンル!美少女ぞろいのグッジョブ(なんの部活なのかは主人公にも不明)の日常を描いた4ページ完結のショートショートが36話収録されているという、、、 そしてどれもクスッとしたりにやっとしたり地味に面白い、これはおすすめの作品!
ちなみに登場人物は「野性的な不思議系」「強引ぐマイウェイなちびっ子」「常識を知らないゲームの天才」「まさに天使」。ほんとなんの部活なんだろう?


そんなこんなで東京の報告でした、あしたはビーチでバーベキュー(とゴミ拾い)だ〜 あと3次試験もか。

拍手[0回]

PR
忍者ブログ [PR]