忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
現代魔法(nearly equal 情報技術)を勉強中な人のメモ(チラシの裏)
/ 2017/10/21 (Sat) / 編集
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

/ 2008/06/18 (Wed) / 編集
[Momma's Wiki] cvFindStereoCorrespondenceより視差画像を得るサンプルやってみた

Pixel-to-Pixel Stereoというやつを使った関数らしい、平行ステレオとはすこし違う? まぁどっちにしろ、、、、、、、、、ダメダこりゃ、、、


おもったよりできない、カメラが悪いのか腕が悪いのか、おそらくは両方だろう、でもサンプル画像でやってもあれだしなぁ、、、

おそらくよくわかってる人が撮影したサンプル画像でやるとこんな感じ
サンプル画像で視差画像
うん、まぁ前後関係くらいはわかるかな


でもって、以前貰った頂の座さんに手伝ってもらうとこんな感じ
ヘカテーさんで視差画像
まずカメラが平行移動してないので減点10、画質も悪いので減点5、この二点がもっとよければおそらく顔や手足の位置、うまくすれば帽子と髪型くらいは判別できたかもしんない
だが手間を減らすためにこれためしたのに写真を撮影する技術が必要なのでは本末転倒、、、なんかカメラを平行に設置する台でも作っとけばいけるのかもしれない?


ん?まてよ?ピクセル間の移動をはかっているのだから画像を一枚よういしてそれを同じサイズでクリッピングしたやつを2つ用意すればいいのか?




ダメでした、、、横の移動距離がわるいのかな?いやそもそもそんなんできたら苦労しないかw

拍手[1回]

PR
忍者ブログ [PR]