忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
現代魔法(nearly equal 情報技術)を勉強中な人のメモ(チラシの裏)
/ 2017/04/30 (Sun) / 編集
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

/ 2008/10/29 (Wed) / 編集
今使っているffmegXというソフトが有料(勝手にfreeで使ってる)なのでソフトを経由せずに直接ffmpeg(無料)でやってみるテスト

FFmpegとは

FFmpegというのは動画と音声を変換することのできるフリーのソフトなわけで、できることはたっくさんあるが引数もたっくさんあるのでめんどくさく、ffmpeg単体として使う事はあんまりなく、ffmpegを内蔵したソフトを使うのが一般的
でもそういうソフトは制限があったりするので、コマンドラインからやるとソフトでできる事以上のことができる、もちろんスクリプト書いて大量に変換なんてことや自作のソフトに組み込む事もできる。

こんな感じ
ffmpeg -y -i input.flv -ab 128 -ar 44100 output.mp3


[2009/4/29]追記
どうやらオプションがいくつか修正されたらしいのでメモ
-vcodec xvid → -vcodec libxvid
-vcodec h264 → -vcodec libx264
-acodec mp3 → -acodec libmp3lame
-acodec aac → -acodec libfaac
-bitexact → -flags bitexact
外部のライブラリ(別途インストール&ffmpegの再コンパイルが必要)を利用するものが、形式名でなくライブラリ名を指定する方式に変更になったらしい。
以下、読み替えてください。
参考:[MobileHackerz]最新FFmpeg

よく使う?引数

  • -formats
  • 利用できるフォーマットを調べる
  • -f フォーマット名
  • 強制的に「フォーマット名」で出力
  • -i 入力ファイル名
  • 入力ファイル
  • Audio用オプション
    • -ar サンプリング周波数[Hz]
    • サンプリング周波数、単位はHz (でふぉ = 44100 Hz)
    • -ab ビットレート[kb]
    • ビットレート、単位はkb (でふぉ = 64k)
    • -ac チャンネル
    • 1がモノラル、2がステレオ (でふぉ = 1)
    • -an
    • ミュート
    • -acodec コーデック
    • 強制的に「コーデック」で書き出し
    • -vol ボリューム
    • ボリューム、 (でふぉ = 256)
  • Video用オプション
    • -r フレームレート[fps]
    • フレームレート (でふぉ = 25)
    • -b ビットレート
    • ビットレート (でふぉ = 200 kb/s)
    • -ac チャンネル
    • 1がモノラル、2がステレオ (でふぉ = 1)
    • -vn
    • 動画はなし
    • -vcodec コーデック
    • 強制的に「コーデック」で書き出し

よく使う?例

ビットレートとかは自分でお気に入りをさがしてね

flvから音声を抽出してmp3で保存


ffmpeg -y -i input.flv -ab 128 -ar 44100 output.mp3
ffmpeg -y -i input.flv -acodec libmp3lame -ab 128 -ar 44100 output.mp3
「-y」同名ファイルがあれば上書き
「-ab 128」音声のビットレートは128kb
「-ar 44100」音声のサンプリングレートは44.1kHz
「-acodec libmp3lame」音声のコーディックはmp3

flvから動画を抽出してflvで保存


ffmpeg -i input.flv -an -vcodec copy out.flv
「-an」音声はなし
「-vcodec copy」動画のコーディックは元と同じ

動画と音声を結合


ffmpeg -i test.flv -vcodec copy -i test.mp3 -acodec copy combine.flv
「-acodec copy」音声コーディックは元と同じ

flvからmp4に変換


ffmpeg -bitexact -y -i input.flv -vcodec mpeg4 -s 240x176 -r 23.976 -b 480k -acodec libfaac -ac 2 -ar 44100 -ab 128k output.mp4
「-bitexact」Only use bit exact algorithms
「-vcodec mpeg4」動画はmpeg4形式
「-acodec libfaac」音声はAAC形式
「-ac 2」音声のチャンネルは2つ(ステレオ)

画像を動画(avi)に


ffmpeg -r 0.25 -i photo/RIMG00%1d.JPG -vcodec mjpeg -f avi -sameq -s 640x480 out.avi
「-r 0.25」ビットレート(一秒間に何枚か?)が0.25なので4秒に一枚表示
「-i photo/RIMG0%2d.JPG」入力画像は「photo」内の「RIMG001.JPG」から「RIMG099.JPG」
「-vcodec mjpeg」動画のコーデックはmpeg
「-f avi」フォーマットはavi
「-sameq」素材と同じ画質で
「-s 640x480」サイズは640x480


動画を画像(jpeg)に


ffmpeg -i test.flv -f image2 -vcodec mjpeg -r 0.2 -qscale 1 -qmin 1 -qmax 1 -s 640x480 tmp2/hidamari%2d.jpg
「-qscale 1 -qmin 1 -qmax 1」jpegの高品質なものをつくれるらしい
「qscale」use fixed video quantizer scale (VBR)
「qmin」min video quantizer scale (VBR)
「qmax」max video quantizer scale (VBR)


動画の一部を抜き出す


ffmpeg -i input.3GP -ss 00:00:10 -t 00:00:10 -vcodec mpeg4 -s 160x120 -an output.mp4
「-ss 00:00:10」指定した時間までシーク、つまり場合だと「動画の10秒後まではなにもしない」
「-t 00:00:10」処理時間、この場合だと「10秒間処理する」
まとめると「動画の10秒~10+10秒(つまり20秒)までを抜き出す」


参考サイト

FFmpeg
[フリーランス プログラマー アキのサイト]FFmpeg
[No Assign]ffmpegで動画と音声を結合する方法

拍手[1回]

PR
忍者ブログ [PR]