忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
現代魔法(nearly equal 情報技術)を勉強中な人のメモ(チラシの裏)
/ 2017/07/27 (Thu) / 編集
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

/ 2009/08/04 (Tue) / 編集
文学少女シリーズ、これは。。。ヤバイ


実在の文学小説が題材になっていて、登場人物はその小説に強い影響を受けていたり、同じような行動をしていたりする。それはいい、それはいいんだが、、、
題材おかしくない?「人間失格」「嵐が丘」「オペラ座の怪人」、なんでまたそうゆう系のものばかりなんだ?もっと楽しい雰囲気の題材選んでもよくない?
題材をみてもわかるとおり登場人物達もかなりキてます。

にもかかわらず最後まで読んでしまうのはなぜだろう?


もちろん、題材以外にも多くの物語が登場するので読書好きにはお勧めです。
西尾維新とか好きな人も気に入るかも?いやちょっと系統違うかなな?
でも鬱展開が嫌いな人にはあまりお勧めできない。。。

そうそう、文学少女で登場する本を青空文庫で探してくれた人がいたので紹介
[三軒茶屋 別館]青空文庫で読む”文学少女”

拍手[0回]

PR
忍者ブログ [PR]